アンテナの取り付けは電気工事業者に依頼しよう

DIYでの設置は難しいアンテナ

近年では、自分で道具を揃えてアンテナを設置する人が増えています。しかし、取り付けが不十分だと雨風の影響ですぐに倒れてしまう場合が多いです。そのため、自分でアンテナの取り付けを行なう場合は、あらかじめ知識を身に付けておくことが大事なのです。安全面で考慮すべき点や、業者への依頼の仕方などを学んでいきましょう。

自分で取り付けると考えられるトラブル

足を滑らせてしまう
自分でアンテナの取り付けを行なう際に気を付けなければならないのは、足を踏み外す危険性です。住宅の屋根は勾配がきついものもありますので、誤って足を滑らせてしまう可能性が高いのです。身の危険を守るためには、安全をきちんと確認してからアンテナの取り付けを行なうことです。
屋根を壊してしまう
取り付けを行なうときは、屋根への影響も考えて作業するようにしましょう。劣化した状態の屋根だと、作業を行なう際に破損させてしまったり瓦がはずれてしまったりといったトラブルを起こす可能性があります。破損した部分から雨漏りが発生する可能性もありますので、きちんと屋根の状態を確認してから取り付けをしましょう。
体に負担がかかる
アンテナをしっかり取り付けるには、大変な労力が必要になります。また、一人で作業するとなると、ケガをする危険性などもありますので誰かと一緒に作業するようにしましょう。体への負担も考えて、慎重にアンテナの取り付けを行なうことです。

業者に取り付けを依頼する

電卓を持っている男性

アンテナの取り付けを行なうには、業者に工事を依頼するという手もあります。業者に取り付け工事を依頼する場合は、工事費のほかにアンテナ本体の費用も含めた料金が発生しますので把握しておくといいでしょう。

アンテナ取り付けを行っている業者

家電屋さん
家電量販店でアンテナを購入した後、そのまま取り付け工事まで行なってもらうことができます。家電量販店では、いろいろな工事業者と提携しているのでスムーズに対応してくれます。
個人経営の業者
個人で営業している電気屋さんでも、アンテナの取り付け工事を依頼することができます。個人経営店では、分からないことも丁寧に説明してくれるのでアンテナ選びに迷った場合も安心です。
電気工事業者
電化製品の修理を行なっている電気工事業者でも、取り付けをしてもらうことができます。保証制度が完備されているところもありますので、何かあった場合でもすぐに対応が可能です。

業者に依頼する利点

業者にアンテナの取り付けをお願いすると、様々なメリットがあります。特に工事が必要な場合や、BS・CS放送のアンテナを取り付ける際は業者に依頼したほうがいいでしょう。アンテナ工事は壁に穴を開けて行なうことが多いので、自分で作業するのはとても大変です。また、BSやCS放送で使うアンテナはデリケートなので、少しでも角度がずれてしまうと視聴できなくなることがあります。そのため、このような場合は無理せず業者に取り付け工事をお願いしてみるといいでしょう。取り付け工事は、一度完了すると点検もそれほど必要ありません。維持費がかからない分、費用の負担も大きくないので安心です。業者に依頼すると、高いと思っている方も多いでしょう。しかし、自分で作業するよりもしっかりアンテナの取り付けができ、一度の工事で済むので費用もそれほどかからないのがメリットなのです。

TOPボタン